toggle navigation

選べる電気について

発電所紹介

昭和シェルの発電所

昭和シェルは総合エネルギー企業を目指し、2003年から「電気」に取り組み始めました。石油製品をつくる工場から排出されたガスや残油を利用する発電所からスタートし、高効率な天然ガス発電所、クリーンな太陽光発電所を建設し、2015年からは国内最大級のバイオマス発電所を運営しています。

4種類の発電所が稼働中!

扇島パワー

CO2の排出が比較的少ない天然ガスを使った、主力の火力発電所です。

詳しくはこちら
扇島パワー

東京ガス(株)と共同で設立した(株)扇島パワーが運営する高効率の大型天然ガス火力発電所です。
石油や石炭に比べてクリーンな天然ガスを使用していることに加え、隣接する東京ガス株式会社の天然ガス基地から燃料を受け入れられる等、立地面でも優れた発電所です。
この土地では、かつて当社が原油貯蔵施設を所有していました。

運営:
(株)扇島パワー
(東京ガス株式会社75%、昭和シェル石油25%出資)
所在地:
神奈川県横浜市鶴見区扇島
発電規模:
122.1万kW(40.7万kW/基 × 3基)
燃料:
液化天然ガス (LNG)
稼働開始:
1号機・2号機 2010年7月、3号機 2016年2月
京浜バイオマス発電所

木の廃材をリサイクルして燃料にする、国内最大級のバイオマス発電所です。

詳しくはこちら
京浜バイオマス発電所

2011年に閉鎖した京浜製油所扇町工場の跡地の一部を活用して建設した発電所です。旧製油所のインフラや近隣の港湾施設を利用できることに加え、大消費地に近い優位性があります。木質ペレットとパームヤシ殻などの木質系燃料のみを使い、石油や石炭などの化石燃料を使用しない環境に配慮した発電所です。木質系燃料だけを使う発電所としては、国内最大級の発電規模を持ちます。

運営:
(株)京浜バイオマスパワー
(昭和シェル石油100%子会社)
所在地:
神奈川県川崎市川崎区扇町
発電規模:
4.9万kW(一般家庭約83,000世帯の年間消費量に相当)
燃料:
木質ペレット、パームヤシ殻
稼働開始:
2015年11月2日
GENEX

ガソリンなどの精製の際に出る廃油をリサイクルして使う火力発電所です。

詳しくはこちら
GENEX

東亜石油京浜製油所の敷地内に立地し、同製油所の石油精製工程で発生する副生ガスおよび残渣油を原料としています。京浜製油所との最適な連携を図りながら、エネルギー効率の高いコージェネレーションシステムによって高効率な発電を行い、電力の安定供給に貢献しています。また、一部の電力や蒸気は、京浜製油所の精製にも活用されています。

運営:
(株)ジェネックス
(東亜石油(株)60%、電源開発(株)40%出資)
所在地:
神奈川県川崎市川崎区水江町
発電規模:
27.4万kW(一般家庭約44万世帯の年間消費量に相当)
燃料:
副生ガス、残渣油
稼働開始:
2003年6月
メガソーラー

ソーラーフロンティア(株)製のパネルを使った、メガソーラー発電所です。

詳しくはこちら
メガソーラー

石油事業の遊休地を活用し、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を設置した太陽光発電所を建設・運営しています。
自社単独での発電所開発と並行して、他社との連携により、互いの強みを組み合わせる形での発電所開発も実施しています。

  • ※1 京浜バイオマスパワーはFIT電気となります。当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社のお客様以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金によって賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。​

昭和シェルの電源構成

LNG火力 70% FIT電気(バイオマス) 20% LPG火力 0.01% 卸電力取引所 10%

2015年4月1日~2016年3月31日の実績​

自社グループ発電所由来が90%、環境にやさしい天然ガスの電気や、FIT電気も活用しています。

  • ※1LNG火力は扇島パワーで発電された電力です。
  • ※2FIT電気(バイオマス)は京浜バイオマス発電所で発電された電力です。当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社のお客様以外の方も含め、電力をご利用の全ての皆様から集めた賦課金によって賄われており、CO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量をもった電気として扱われます。
  • ※3LPG火力は昭和四日市石油発電所で発電された電力です。
  • ※4卸電力取引所は需給調整のために購入した電力となり、この電力には水力・火力・原子力・FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。
  • ※5当社の2015年度の調整後CO2排出係数は、0.408kg-CO2/kWh

昭和シェルの電力販売実績

2000年から電力自由化がスタートし、2003年から昭和シェル石油は、総合エネルギー企業として「電気」に取り組み始めました。その実績と経験を活かし、ご家庭向けの電力供給を行っています。

電力市場改革

2000年 特別高圧市場自由化 (大規模工場) → 2004年,2005年 高圧電力市場自由化 (オフィスビル・工場) → 2016年 低圧電力市場自由化 (一般家庭・事業所等)

昭和シェルの電力の歩み

2003年
電力事業 開始 / GENEX 運転開始
(株)扇島パワー 設立​
2008年
特別高圧市場 / 高圧電力市場 参入​​
2010年
扇島パワー1.2号 運転開始
日本初の商業用メガソーラー発電所運開​
2013年
メガソーラー事業拡大​
2015年
京浜バイオマスパワー 運転開始​
扇島パワー3号機 運転開始
2016年
低圧電力市場 参入​​
2017年
低圧電力 エリア拡大​​ ​​

販売電力量の実績

販売電力量の実績グラフ

2015年末時点、工場やオフィスビルなど​ 1000か所以上のお客様にご利用いただいています。​

電力がご家庭に届くまで~送配電の仕組み

昭和シェルの発電所の電気は、一般送配電事業者が所有する送配電網を通じて、お客さまに届けられます。送配電網はさまざまな発電所からの電気を供給しており、品質が変わることなく電気をお使いいただけます。万が一、昭和シェルの発電所の一部が停止した場合でも、お客さまのご家庭だけが停電するようなことはありません。

送配電の仕組み(図)

環境への取り組み

再生可能エネルギーへの取り組み

2015年に政府より発表された「長期エネルギー需給見通し」では、太陽光、バイオマス、風力などの再生可能エネルギーの電源比率を、現在の10%程度から2030年には22〜24%まで引き上げる目標が設定されています。

昭和シェル石油グループは、京浜バイオマス発電所やメガソーラー発電所などを通じて、再生可能エネルギーの拡大普及に貢献していきます。

再生可能エネルギーの普及見通し: 2013年 11% → 2030年 22~24%

FIT
電気とは?

太陽光やバイオマス、風力などの再生エネルギー発電所の電気は「FIT電気」と呼ばれる、Feed In Tariff制度(固定価格買取制度)を利用して買い取られた電気です。

固定価格買取制度の費用は、電気をご利用のすべてのみなさまからの「再生可能エネルギー発電促進賦課金によりまかなわれています。

京浜バイオマス発電所

木質ペレットとパームヤシ種殻などの木質系燃料のみを使い、石油や石炭などの化石燃料を使用しない環境に配慮した発電所です。

京浜バイオマス発電所で使用されるバイオマス燃料

木質ペレット

製材工場から排出する樹皮、端材などを細かく砕き、それを圧縮して棒状に固めて成形したもので、北米から輸入しています。

パームヤシの種殻

油ヤシの搾油後に残る種殻で、東南アジアから輸入しています。

木質バイオマスは成長過程でCO2を吸収しており、燃焼時のCO2排出量が実質ゼロ(カーボンニュートラル)となる特徴があります。
木質系燃料だけを使う発電所としては、国内最大級の発電規模を持ちます。

メガソーラー発電所

昭和シェルグループのソーラーフロンティア株式会社による太陽光パネルを利用した発電所を全国で運営しています。ソーラーフロンティアの太陽光パネルの主原料は、銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)。薄型ながら実発電量が多く、環境にも優しいという特徴があります。

ユーエスパワー
CSDソーラー谷山太陽発電所
下関第二太陽発電所
昭和シェルの選べる電気 お客様の声 / 電力自由化開始以来、大変多くの方にご利用いただいております。実際に昭和シェルの電気サービスご利用中のお客さまの声をご紹介いたします。
WEBシミュレーションでご自身のおトク額を簡単にご確認いただけます